水ダイエットいいの?悪いの?【飲む量と飲み方が大事です】

こんにちは!kiyonoです。

最近また水ダイエットのことをよく聞くようになりました。

私が若い頃(20年以上前)も、痩せるために水をたくさん飲むようにとよく言われていました。

「1日2ℓ水を飲むと痩せる」とか「ミネラルが豊富な硬水がダイエットにいい」とか・・・

そういえば、当時「痩せる水」と言われ、モデルさんの間で流行っていたコントレックスを定期購入してたな~。

また、その頃通っていたエステ(リンパマッサージ)でも、水をたくさん(2ℓだったかな)飲むように言われていました。

まあ、そんな思い出話はさておきます。

とにかく水って老廃物を流すのには大事なんだろうなあと思いつつ、最近は逆の気になることもよく耳にします。

水の飲みすぎは良くないとか、水中毒になるとか、身体が冷えるとか・・・

今回は水ダイエットが身体にいいのか、悪いのか、調べてみましたのでシェアしたいと思います。

水ダイエットの原理

水ダイエットって言いますけど、私の認識ではデトックスです。

水を飲むことによって、体内に溜まった毒素を体外に排出しやすくなります。

なので、リンパマッサージを受けたあとは、「リンパを流したので今日はたっぷり水分を摂ってくださいね」といつも言わていました。

水中毒とは

水中毒(みずちゅうどく、water intoxication)とは、過剰の水分摂取によって生じる中毒症状であり、具体的には低ナトリウム血症痙攣を生じ、重症では死亡に至る。人間腎臓が持つ最大の利尿速度は、毎分16mLであるため、これを超える速度で水分を摂取すると、体内の水分過剰で細胞が膨化し、希釈性低ナトリウム血症を引き起こす水中毒に陥る。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E4%B8%AD%E6%AF%92#:~:text=%E6%B0%B4%E4%B8%AD%E6%AF%92%EF%BC%88%E3%81%BF%E3%81%9A%E3%81%A1%E3%82%85%E3%81%86%E3%81%A9%E3%81%8F,%E9%87%8D%E7%97%87%E3%81%A7%E3%81%AF%E6%AD%BB%E4%BA%A1%E3%81%AB%E8%87%B3%E3%82%8B%E3%80%82

水をたくさん摂りましょう!と言えど、たくさん飲めばいいってわけじゃないんですね。

確かに、水を大量に飲んで水中毒で亡くなったケースもあるそうですが、それは一気に尋常じゃない水の量を飲んで起こった事故のようです。

実際は、特に腎臓の機能に問題がない場合は、1日2~3ℓ程度であれば一気飲みせずこまめに飲む分にはさほど心配する必要はないのかなと感じました。

ダイエットに必要な1日の水分量は?

水を体内に十分摂取しつつ、腎臓がきちんと処理できる適切な量を摂らなければいけないってわけですね。

前項では1日2~3ℓ程度であれば・・・なんて言っちゃってますが、ダイエットに必要な1日の水分量って一体どれくらいなんでしょうか?

よく聞くのは「水を2ℓ飲みましょう」ってフレーズ。

http://www.ibananww.ne.jp/mizunomou30.pdf

健康のため水を飲もう講座では、飲み水としては1.2ℓが必要だと述べていますね。(上図参照)

では、美容効果を得るための量はどうなんでしょう?

明確にはわからなかったのですが、体重1kgあたり35㎖~44㎖くらいだと言われているようです。(私が調べた限りではこんな感じでした。)

体重50㎏でしたら、1750㎖~2200㎖ですね。

60㎏でしたら、2100~2640㎖です。

2ℓ飲むというのは、目安としてはいい線いっているのではないでしょうか。

水ダイエットのやり方

水ダイエットのやり方

やり方というような大そうなことでもないんですが、一日に約2ℓの水を上手く配分して摂取しなければなりません。

ほんの一例ですが、1.5時間おきにグラス1杯(約200㎖)の水を飲むとかで良いと思います。

1日16時間起きている計算で大体10回で2000㎖摂取できます。

あくまで目安ですけどね。

こんな風に水を摂取すれば、腎臓に負担をかけずに1日2ℓ水を摂取できますね。

その他は、冷たい水をたくさん飲むと身体が冷える場合がありますので、常温の水や白湯などもおりまぜつつ行いましょう。

まとめ

水ダイエットとは、水を摂取して毒素を排出しやすくする言わばデトックスです。

体内の老廃物が尿と共に排出されたり、便秘が解消されたりした結果、体重減少効果が得られることもあります。

適切な量、適切なタイミングで摂ることによって、身体に悪影響を及ぼす心配はほぼないでしょう。

これから暑くなってきたら水も飲みやすくなるので、積極的に水を飲んで身体の内側からきれいになれたらうれしいですね!