南部鉄器のある暮らし【鉄瓶を湯垢とサビで育てる?】

こんにちは。

我が家では、お茶を入れるとき南部鉄器の鉄瓶でお湯を沸かします。

以前白湯を飲む健康法を取り入れようとしたときに、いろいろ調べて鉄瓶で沸かす方法に至りました。

A子
だけど鉄だしお手入れが大変そう!
B子
放置してたらサビちゃった!

なんて心配もありますよね。もちろん私も購入を決める前はそう思っていました。

だけど、実際使用を始めると不便さ以上にいくつかのメリットがあるんですよ。

今回は、南部鉄器の魅力を紹介していきたいと思います。

南部鉄器とは

ざっくり言うと岩手県の伝統工芸品ですね。

南部鉄器には、鍋や釜、鉄急須、鉄瓶など様々な道具があります。

南部鉄器の鉄瓶

南部鉄器の鉄瓶

私が毎日使っている南部鉄器は、鉄瓶です。

なので、ここでは南部鉄器の鉄瓶に絞ってお話していきますね。

ちなみに、鉄瓶はお湯を沸かすためのものです。

お茶を沸かすことはできませんので、注意してくださいね。

私が南部鉄器の鉄瓶を使用する理由

お湯がおいしくなる

鉄瓶でお湯を沸かすとまろやかな白湯になります。

この理由は、一つに、カルキ(塩素)が除去されるから。そして、もう一つには、水に含まれるミネラルを鉄瓶が吸着し軟水化するからだそう。

基本日本の水道水は軟水だし飲みやすいけど、さらにおいしくなるのはそういう訳です。

鉄分を補給できる

ほんの微量鉄分が溶出されるそう。女性にはうれしい効果ですよね。

これで足りない分が補給できるわけではないかもしれないけれど、ないよりマシっていう感じです。

長年使える

使用時に少しの注意を払うだけで一生使える物だと思います。

この少しの注意っていうのが、一般的には敬遠される理由(デメリット)なのかもしれない。

南部鉄器のデメリット~使用上注意していること~

南部鉄器のデメリット~使用上注意していること~

お手入れが大変⇒サビる

確かに多少のお手入れは必要です。いや、お手入れというよりちょっとした注意ですね。

私が気を付けているのは、次の3つのみです。

  • お湯を沸かした際、残ったお湯を鉄瓶に入れたままにしない。
  • 使用後は余熱で乾燥させる。
  • 鉄瓶の内側を触らない。

やはり、鉄なんで水に触れたまま置いておくとサビてきます。

なので、そこだけ注意です。

それでも、使用していくと鉄瓶の内側に多少のサビはどうしてもでてきます。

ですが、気にすることなかれ。

お湯にサビの色がついたり、サビのにおいがついたりしていなければ、そのまま使用して大丈夫です。

また、白い湯垢が付着してきますが、この湯垢は過度なサビの発生を防いでくれる大切な役割を持っていますので、こちらも剥がしたりしないようにします。

南部鉄器を育てる楽しみ

南部鉄器を育てる楽しみ

鉄瓶は使い込むほど良いとされているのは、湯垢がつけばつくほどお湯がおいしくなるからです。

使い始めの頃は、どれくらい湯垢がついたかな~?とよく鉄瓶の内側を覗き込んだものです。

いまでも、たまにみて楽しんでいます。

もう4年ほど毎日使用してますからかなり味わい深い雰囲気を醸し出してきました。

我が家は水道に浄水器をつけているので、どうやら湯垢はつきにくいみたいなのですが、硬水を沸かすと付きやすいそうですよ。

なので、使い始め何回かはペットボトルの硬水なんかを沸かして手っ取り早く湯垢をつけるのもよいかもですね。

我が家の鉄瓶(約4年使用)

我が家の鉄瓶(約4年使用)
外側は割ときれい
我が家の鉄瓶(約4年使用)
でもちょっとくすんでるか・・・(煎茶で拭くときれいになるらしいよ)
我が家の鉄瓶(約4年使用)
正面はこんな感じ
我が家の鉄瓶(約4年使用)
じゃーん!内側!いい感じに湯垢ついてますね
我が家の鉄瓶(約4年使用)
ちなみに底
我が家の鉄瓶(約4年使用)
岩鋳の刻印

まとめ

南部鉄器のある暮らし、いかがですか?

私は鉄のフライパンか鍋を買い足したいな~なんて考えています。

フライパンこそ難しそうなんで、ちょっと悩み中、、、

でも、鉄瓶ならいけそうでしょ?

確かに電気のケトルなんかに比べると面倒で時間もかかるけど、南部鉄器の魅力を知ってみたい方は是非!